クラミジアは感染力が非常に強いため感染している人と性行為をしてしまうと約50%の割合で感染してしまいます。主な感染経路としては性行為と思いがちですが、そうではないんです。ではどのようにして感染するのか経路をたどってみましょう。

クラミジアの感染経路は性行為だけではない

クラミジアと言えば、性行為でうつる性感染症として有名な病気です。
クラミジアの原因菌である「クラミジアトラコマティス」は、基本的にはコンドーム無しのセックスで感染し、女性の膣や男性の尿道に住み着き、炎症などの症状をおこします。
男性では軽い尿道の痒みや不快感があらわれる事もありますが、自覚症状の無い場合も多いです。
一方女性の場合は、子宮頸管炎など初期には自覚症状の無い場合が多いですが、卵管から腹腔内まで感染が広がると、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎となり、激しい腹痛を感じるようになります。
それだけでなく、卵管の炎症から、卵管性不妊症や子宮外妊娠の原因になったりします。
また、妊婦がクラミジアに感染した場合には、出産時に赤ちゃんが産道を通る際に、感染し結膜炎や肺炎を起こす場合があり、危険です。

また、性行為以外でも、クラミジアに感染する場合があります。
咽頭クラミジアと言って喉の粘膜を通じて感染してしまうものです。
風邪の症状のように喉が腫れたり、痛んだりするので風邪と勘違いしてしまう場合もあるので注意が必要です。
この咽頭クラミジアは、オーラルセックスや、ディープキスで感染します。

クラミジアは、特に初期には症状が出にくく、感染していても気づかない事が多い病気です。
しかし、特に女性の場合には、感染を放置しておく事は危険なので、心当たりがあったり、気になる症状が出た場合には、見過ごしにせず、検査をする事が大事です。
最近では、自宅で検査できるキットも発売されているので、病院に行くのが恥ずかしい方は、利用してみるのも良いでしょう。
クラミジアは治療薬で治せるので、シドキシサイクルリンやアジスロマイシンなどの治療薬を1週間程度飲む事で完治する場合が多いです。